ケノン美顔器効果

ケノン美顔器はエステのような効果が得られる、という話はもしかしたら耳にしたことがあるかもしれません。

でもその根拠は何なのでしょうか?

また自分が気になる肌トラブルに本当に効果があるのかも気になりますよね。

そこで今回はケノン美顔器の仕組みと肌トラブルに対する効果をご紹介します。

スポンサードリンク

ケノン美顔器で効果が得られるその理由は?

ケノン美顔器効果

ケノンは脱毛だけでなく、専用のカートリッジに付け替えることで、美顔器にもなります。

キャンペーンのおまけでついてきたりするこのカートリッジですが、エステと同様のフォトフェイシャルが受けられるのですから、すごくお得ですよね。

でも、なぜケノンの美顔器でエステと同様の効果が得られるのでしょうか。

その理由について少し詳しくご紹介しますね。

ケノン美顔器はIPLという光を肌に照射することで、それぞれの肌の層に光を届け、シミやニキビ、たるみなど様々な肌トラブルをやっつけるという仕組みになっています。

また、IPLには肌の細胞やコラーゲンをつくる仕組みを活性化させる働きもあるので、
継続することでどんどんターンオーバーが促されます。

IPLという言葉は聞きなれないと思いますが、エステサロンやクリニックのフォトフェイシャルと同じ原理なんですよ。

お家で気軽にエステできてしまう、しかも経済的なケノンはかなりお得だというのがわかっていただけたかと思います。

また、セルフエステがしやすいケノンの特徴として「日本製」であることと「専用の冷却ジェルが不要」であることも挙げられます。

・日本製だから日本人の肌に合っている

海外製の脱毛器や美顔器が多いなか、ケノンは完全に国産。

それゆえ日本人のお肌にあった美顔や脱毛ができるんです。

お肌の色やトラブルも国や人種で異なりますから、これはとても大きいメリットですし安心して使えますよね。

・専用のジェルがいらない

エステなどでフォトフェイシャルをする際は専用のジェルが必要となりますが、ケノンにはこれが必要ありません。

おうちで簡単に美顔器を使いたいのに、前準備が大変だと続かないですよね。

そんな心配は要りません。

余計な手間も出費のないので隙間時間にもぱぱっと使えてしまうのが2つ目のメリットです。

実際に効果が得られる肌トラブルは何?

ケノン美顔器効果

では実際にどんな肌のお悩みを解決することができるのでしょうか。

ケノン美顔器で改善の可能性がある肌トラブルを順にご紹介します。

効果アリ:
シミ、そばかす、くすみ、色素沈着、毛穴の開き、黒ずみ、いちご鼻、ニキビ予防、ニキビ跡(クレーター)、シワ、ほうれい線、たるみ、乾燥肌、肌荒れ、赤ら顔

効果ナシ:
肝斑、クマ、妊娠線(肉割れ)、ほくろ
「効果ナシ」についても後で説明しますが、「ケノン美顔器に改善を期待しないほうが良いもの」と考えておいてください。

それでは詳しく見ていきます。

1,シミ、くすみ

メラニンが原因で起こるシミやくすみ、そばかすなどのトラブルは、ケノンでどんどん薄くすることができます。

ケノンの光が肌の再生を促して、ターンオーバーが促進されるからですね。

お肌が明るくなったという口コミも多数ありますよ。

2,ニキビ、ニキビ跡

ケノンの光には殺菌作用もあるので、肌を清潔に保ちニキビを予防する効果もあります。

またニキビ跡のメラニンにも反応しますので、シミなどと同様、回数を重ねることで薄くすることができます。

3,毛穴の黒ずみ、開き

ケノン美顔器には毛穴を引き締め、ハリを持たせる効果もあります。

開いた毛穴が閉じることで、いちご鼻などの改善にもつながります。

脱毛と併用すると効果はさらに上がりますよ。

4,たるみ、ほうれい線

ケノンの光はコラーゲンの生成も促進します。

それによってお肌にハリをもたせ、ほうれい線をうすくしたりたるみを改善したりする効果もあります。

いろいろな肌トラブルを改善することができますね!

一つ気に留めていただきたいことは、肌のターンオーバーは1日では起こらないということです。

2、3回使用して「効果がない」と諦めてはもったいないので、コツコツと根気よく使っていきましょう。

スポンサードリンク

逆に効果が無いのは?注意点も!

ケノン美顔器で効果が得られる肌トラブルを先ほどご紹介しました。

しかし効果がみられない肌トラブルもあります。

しっかりと使い分けるためにもそちらを今度はみていきましょう。

1,クマ

そもそも目の近くを照射することができないので、目の下のクマを改善することはできません。

また血流の悪さなども関係してきますので、マッサージなど別の方法を探ってみましょう。

2,肝斑

最近知名度が上がってきた肝斑(かんぱん)は改善できないと考えてください。

シミとよく似た症状ですが、原因がホルモンバランスの乱れなどとなっていますので、外から治すことができないのです。

専用のお薬などがありますので、そちらを利用するようにしてください。

3,肉割れ

妊娠の際の肉割れも改善は難しいですね。

少し目立たなくすることはできるかもしれませんが、あまり期待しないほうが良いでしょう。

4,ほくろ

ほくろ自体も照射が禁止されているので、ほくろをなくすことはできません。

ほくろがある部位はシールなどで覆ってから照射するようにしてくださいね。

以上のような肌トラブルには効果がなく、別の改善方法がそれぞれありますので、使用前によく確認して正しく使用するようにしてくださいね。

ケノン美顔器まとめ

今回はケノン美顔器で効果が得られる仕組み、そして効果が期待できる肌トラブルと期待できない肌トラブルを詳しく見ていきました。

正しく使うとおうちでエステ級の効果が得られるケノン美顔器。

その効果をしっかりと理解して、見せたくなる綺麗なすっぴんを目指しましょう。

ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

スポンサードリンク