ケノン使い方

自分で簡単に全身の脱毛ができる家庭用脱毛器ケノン。

ベーシックな使い方は説明書にも載っているけど、どういう風に使えば効率よく脱毛できるのでしょうか?

頻度なんかもあまり詳しく書いていなくてよくわかりませんよね。

そこで今回は、そんなケノンをより効果的に使うためのプロセスやコツを、準備編、照射当日編、照射後編に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

【効果的な使い方】 準備編

ケノンを照射する前の準備段階として、やってみて欲しいのが

《毛を1mmほど残した状態で剃る》

ということです。

オススメは電気シェーバーですね。

電気シェーバーを使うと少しだけ毛が残された状態で剃ることができます。

カミソリも同じですが、肌を傷つけやすくなるので、なるべく傷つかない方法で剃ることをおすすめします。

逆に毛が残らず照射ができなくなるので、毛抜きで抜くのはやめましょう。

また時間の余裕があるなら、照射する前日にムダ毛を剃って、次の日少し伸びたくらいで照射すると、フラッシュが毛のメラニンに反応しやすくので効率が良いです。

【効果的な使い方】 照射当日編

ケノン使い方

では毛の長さを出して効果的に脱毛するための準備は整いました。

では照射するときはどのようにすると効率が良いのでしょうか?

1、しっかり冷やして照射レベルを上げる

ケノンは10段階で照射レベルを調整でき、肌に合ったレベルを自分で選ぶことができますよね。

照射レベルが低いとお肌への負担は少なくトラブルの心配も減ります。

ただ、やはり効果は照射レベルを上げた方が高くなります。

そこで、照射前後にしっかりと冷却して無理のない範囲で最大限照射レベルを上げることで、より効率よく脱毛することができるんです。

「無理のない範囲」というのが大切で、赤みが出たり痛みが大きかったりするとトラブルの原因にもなりますので、テスト照射をして確かめるようにしましょう。

2、カートリッジを部位によって使い分ける

ケノンには美顔カートリッジを除いても4種類のカートリッジがあります。

その4種類を部位によって使い分けるとより効果的に脱毛をすることができます。

例えば、照射面積が広いラージカートリッジ。

これは背中やお腹など広範囲を照射するときには、時短になってとても楽です。

またストロングカートリッジは名の通り照射レベルが強いので、剛毛や毛が太いヒゲ、Vラインなどの脱毛にはおすすめなんです。

照射レベルだけでなく、カートリッジでも部位別に調整することができるので、自分が脱毛したい部位に合わせてカートリッジも変えてみましょう。

3、重ね打ち、照射漏れはだめ

ケノンで脱毛する際に気をつけたいのがこの重ね打ちと照射漏れです。

サロンなどではジェルをクーリングのために使っておりどこを照射したかがわかりやすいのですが、ケノンは自宅で行う上にジェルが不要ですので、照射場所がわからなくなりがちです。

ジェルを使うというのも一つの手ですが、照射中は目を離さない、ケノンを少しずつずらしながら照射するなど気をつけて照射することが大切です。

自分なりに照射する順番のルールを作ってもいいですね。

重ね打ちをすると重なった部分のダメージが大きくなり肌荒れの原因になりますし、照射漏れなどが起こると脱毛がまばらになってしまいます。

ですのでより綺麗に効果的に照射するためにもこれらには特に気をつけてください。

スポンサードリンク

【効果的な使い方】 照射後編

ケノン使い方

最後に、照射直後、そして後日のケノン脱毛について最後に見ていきましょう。

・照射直後は保湿冷却をしっかり!

これはケノンの説明書にも書いてありますしサロンでも言われることですが、保湿と冷却はとても大切です。

毛根にダメージが与えられるほど強い光を肌全体に受けていますので、照射語にはその炎症を抑えるために保冷剤等で冷やし、最後に保湿をしましょう。

ボディークリームや乳液などで大丈夫です。

・照射頻度は2週間?

ケノン脱毛器の説明書には2週間の頻度で照射するということが書かれています。

これが本来推奨されている使い方なのですが、効果を上げるために、「照射3〜7日でもう一度同じ場所を照射する」というのが私のおすすめです。

照射漏れの部分やまだ毛が伸びきっていなくて照射されなかった部分を確実につぶすイメージです。

毛を剃ってしばらくすると毛が伸びてきてチクチクしたりザラザラしたりしますよね。

それくらいの頻度が目安です。

毛が伸びるスピードは人にとって違うのでその辺は調整しながらやってくださいね。

通常2週間ごとに照射するものを少し頻度を上げることで、より早く効果を実感することができますよ。

ケノンの効果的な使い方まとめ

ケノンの効果的な使い方について、準備、照射当日、照射後に分けてご紹介してきました。

手軽におうちでできる脱毛ですが、使い方によって効果を上げられたり、逆にトラブルになったりするのが家庭用脱毛器の怖いところでもありますよね。

しっかりと正しく、より効果が得られる使い方をして、ケノンの魅力を最大限に発揮させましょう。

ケノン購入後の脱毛の際には参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク