ケノン脱毛器全身脱毛

ケノンは照射可能な部位が広く、全身脱毛に最も向いている家庭用脱毛器です。

サロンに通うのが面倒くさい…子供がいて家をあまり離れられない…なんて方にももってこいですよね。

では実際、ケノンを使って全身脱毛するときはどれくらいの期間で効果が見えるようになってくるのでしょうか?

また1回あたりの回数や時間も気になるところですよね。

そこで今回は効果が出るまでの照射回数や時間、1回の照射の回数などについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

ケノン脱毛器何回くらいの照射で効果が得られる?

ケノン脱毛器全身脱毛

光脱毛は1回で効果が現れるものではなく、継続して行うことが必要となります。

エステサロンで光脱毛を行う場合は2年契約などが多いのもその理由の一つです。

ではケノンで全身脱毛を行う場合、何回くらい照射すれば効果が得られるのでしょうか?

その答えは「12〜18回」です。

だいたいこれくらい照射すれば、自己処理なしでも過ごせるくらいの脱毛効果が得られます。

回数ごとにどのくらいの状態まで脱毛できるかを次に見てみましょう。

l 1〜3回;するっと毛が抜けるのは感じるが、減ったかどうかの実感は少ない

l 4〜7回:太い毛が細くなり、全体的に薄くなってきたのを感じる

l 8〜11回:たまに太い毛が生えてくるが、あまり気にならなくなってくる

l 12〜18回:ほぼツルツル状態。永久脱毛のような感じ。

部位にもよりますが、目安はこんな感じです。

とくに太い毛が多いVラインや脇は効果が見えやすく、逆に産毛のような毛や顔などの毛の薄い部分はわかりにくいです。
推奨されているのは2週間に1回の照射、短くても1週間に1回の照射ですよね。

それを考えるとツルツルにするには1年半から2年以上かかる計算になります。

コツコツ根気良くできるかが、家庭用脱毛器の効果を発揮させる1番のコツなので、がんばりましょう!

ケノン脱毛器1回の全身脱毛に必要なショット数は?

つるつるお肌にするには長い時間がかかることはお分りいただけたかと思います。

次は1回あたりにかかる時間を見てみましょう。

家庭用脱毛器ケノンは家事の合間など隙間時間を利用して照射することができるのもメリットの一つですよね。

そこで、照射に必要な回数に関して、部位別にだいたいの目安回数を、口コミなどを参考に算出してみました。

・脇     8〜10回

・両腕    20〜30回

・ひざ下   50〜80回

・太もも   100〜150回

・お腹    100〜200回

・背中    130〜200回

・Vライン  20〜30回

・顔     20〜30回

ケノン公式サイトには全身一周するのにおよそ700発必要だという情報があります。

カートリッジは、プレミアムカートリッジでない場合1年に1回は買い換えることになるかもしれません。

カートリッジ自体はそれほど高くなく、交換だけで本体は何回でも使えるので、サロンよりも圧倒的にお得ですね。

スポンサードリンク

照射1回あたりにどれくらいの時間が必要?

ケノン脱毛器全身脱毛

では気になる一回あたりの所要時間をみてみましょう。

部分脱毛であれば数分で終わりますが、全身脱毛ともなればそうもいきません。

体型によっても個人差がありますが、慣れていないうちは2時間、慣れれば1時間でできるという声もありますよ。

照射前後に冷やす必要があるので、その手間も時間がかかる要因ですね。

具体的には、脇で1分、Vラインやひざ下などは5分程度をみておいたら良いでしょう。

そんな感じで面積を比率で考えて所要時間を判断していけばいいですよ。

お腹や背中など広範囲になればそれなりに時間もかかります。

家族や友人に照射を手伝ってもらうと時短になりますね。

また一度に全身脱毛すると負担も大きいので、何日かに分けて行うのも一つの手ですよ。

自分の生活スタイルなどに合わせて脱毛スケジュールを組んでみてください。

ケノンで全身脱毛まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は全身脱毛に必要な回数や時間、頻度についてお伝えしました。

サロンに比べて圧倒的にコスパがよく、お家で気軽に全身を脱毛できてしまうケノン。

サロンと同様に完全にツルツルにするには時間がかかりますので、根気良く自分らしい脱毛を行いましょう。

回数や時間はぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!!
もし、3か月後に手や脚のムダ毛がきにならなくなるとしたら・・・

スポンサードリンク